緊張もしてないのに顔が赤くなったり、お酒を飲んでいないのに顔が赤くなったりこのような症状でお困りの方は日本でたくさんいます。このような特に理由がなくても顔が赤かったりすぐ赤くなってしまう人は赤ら顔と呼びます。
赤ら顔は、頬やおでこ、小鼻、顎の周囲にかけての皮膚が、常に赤くなってしまい、それがいつまでも継続して続く肌状態のことを指します。
もちろん人によってその赤み具合や症状により個人差はありますが、赤みがとても目立ってしまうためメイクをしても隠せなくて深い悩みになってしまっている方が多いです。
そんな赤ら顔かどうか軽くセルフチェックをしてみましょう。
以下の例で当てはまるようでしたら赤ら顔の可能性があります。

・最近何故だか急に肌が赤くなってきた
・ 顔は火照るのに身体や手足は冷たい
・一度赤くなると長い間赤みが続く
・肌がベタついて赤くなる
・お飲を飲んでいないのに、「お酒を飲んだ?」と聞かれる。
・赤みが強くメイクでも隠しきれない
・顔が赤いせいでお洒落ができない

どんな状況で赤みが強くなりますか?

・暖房で室温が上がった時
・疲れている時
・運動、食事、入浴のあと
・外出している時

これらの状況の時に顔が赤くなる人は赤ら顔の可能性が極めて高いです。

またこれら以外の原因として普段食べている食事の内容によっては顔の赤みを増進させる恐れがあるのもあります。
例えば、辛い食べ物やアルコール、煙草、コーヒーなどカフェイン飲料は、肌や毛細血管を刺激して赤みの原因となってしまいます。

また物理的刺激によっても顔が赤くなる事があります。
例えば髪の毛や体など細かなゴミなどが皮膚に触れるとそれが刺激になり毛細血管が反応することがあります。
その結果顔が赤くなる事はよくあることです。
特に乾燥肌やニキビなど肌トラブルが起きている最中は肌が敏感になっていますので赤ら顔になる可能性が高いです。
また普段使っている化粧品などでもアイテムによっては肌を刺激する可能性がありますので自分に合わない化粧品は顔が赤くなることが十分にあります。

ULUについて、私が参考にしたのはこちら⇒ULU(ウルウ) 口コミ

関連記事


    顔の赤みを解消するための化粧水であるしろ彩のことを調べていると白漢しろ彩 危険という言葉を目にすることがあります。 副作用というのは医療行為を行った時に現れる期待される作用以外の作用のことなので、医薬…